弁護士の紹介

弁護士 阪田 健夫   

弁護士  阪田 健夫 (さかた たけお)
経歴 •1961年11月 大阪市で出生
•1980年3月 大阪府立大手前高校卒業
•1987年3月 京都大学法学部卒業
•1988年4月 司法修習生(42期)
•1990年4月 大阪弁護士会登録
•2003年5月 兵庫県弁護士会へ登録換
取扱分野 ○民事事件全般(不動産、金銭、契約、損害賠償、交通事故その他)
○家事事件(離婚、相続、遺言その他)
○成年後見 ○多重債務(自己破産、個人再生、任意整理)
○行政事件 ○労災・労働事件
これまで関与
した訴訟など
○十三中学事件いじめについて大阪市の過失責任を認定。 
1995年大阪地裁勝訴判決。判例時報1546号60頁
○泉北養護学校事件病弱児の就学指定処分の取消訴訟。 
1997年大阪地裁勝訴判決。判例タイムズ968号136頁
○向井腰痛訴訟富田林養護学校教諭の腰痛を公務災害と認定。 
1995年大阪地裁勝訴判決。判例タイムズ896号153頁
○三和銀行事件 
 ①組合活動への差別の是正を求める地労委申立 
 ②会社を批判する出版物への寄稿に対する戒告処分の無効確認訴訟。 
 200 年大阪地裁勝訴判決。
○鈴木過労死事件堺市の小学校教諭の過労死。 
 2004年大阪高裁勝訴判決。
○学生障害無年金事件障害年金につき平等権保障を問う憲法訴訟。
○ホームヘルパー派遣訴訟介護サービスにつき生存権保障を求める憲法訴訟。
 1998年大阪地裁判決。 別冊ジュリスト「社会保障判例百選」232頁
○中国残留孤児国家賠償訴訟 
 2006年12月1日神戸地裁勝訴判決。

弁護士 渡来 英介   

弁護士  渡来 英介 (わたらい えいすけ)
経歴 早稲田大学法学部、明治大学法科大学院、司法修習新65期修了
取扱分野 ○民事事件全般(不動産、金銭、契約、損害賠償、交通事故その他)
○家事事件(離婚、DV、相続、遺言その他)
○多重債務(自己破産、個人再生、任意整理)
○行政事件
○労災・労働事件
○刑事事件・少年事件
これまで関与した訴訟など ○神戸アスベスト訴訟

弁護士 國富 さとみ

弁護士  國富 さとみ (くにとみ さとみ)
経歴 神戸大学法科大学院、司法修習新68期修了
取扱分野 ○民事事件全般(不動産、金銭、契約、損害賠償、交通事故その他)
○家事事件(離婚、DV、相続、遺言その他)
○多重債務(自己破産、個人再生、任意整理)
○行政事件
○労災・労働事件
○刑事事件・少年事件
ご挨拶  この度、第68期司法修習を終え、本年1月よりライト法律事務所にて勤務することになりました。活気があり人情味もあふれるこの尼崎の地で、弁護士としての第一歩を踏み出せることを心より嬉しく思っております。新しい法曹養成制度が始まり、この10年で弁護士の数は1.7倍以上にも激増しております。しかし、まだまだ「市民の中へ」という司法改革の理念の実現には至っていないように感じております。依頼者の方、一人一人の声にしっかりと耳を傾けて、市民の皆様にとって身近な存在に感じていただけるよう丁寧に勤務を遂行してまいりたいと存じます。
 もとより未熟ではございますが、今後も初心を忘れず、地域に根ざした弁護士として貢献できる弁護士になれるよう日々研鑽を重ね、全力で仕事に取り組む所存でございます。